Q&A - 一般的な質問と回答
パワアップツールNo1のQ&Aはこちらから
サポートセンターへのお問い合わせの質問や、トラブル、便利な使用法などがまとめてあります。
Q をクリックしてください。
Question
インストールについて
Q 2台目のパソコンにもインストールしましたが、1台目のキーコードが有効でありません。どのようにしたらよいでしょう。
Q インストールするパソコンがインターネットに接続されていないのですが、キーコードを請求する際に、問題はありませんか。
Q ユーザー登録/キーコード請求 をE-mail で送付したのですが、キーコードが届きません。
Q ハードディスクの故障、OSの入れ替え、他のコンピュータへの移し替え等の場合には、どのように再インストールすればよいのでしょうか?
Q error code が表示され、先にすすめません。どうすれば良いのでしょう。
Q Macマシンで VirtualPC やBootCamp を使用してWindows OSにインストールした場合, 何か問題はありませんか
Q Macマシンで Parallels Desktop5 を利用してWindows7 (Windows Vista、Windows XP) にインストールしましたが、メニューや日本語リストが文字化けしています。どうすればよいのでしょう。
Q CD-ROM からのインストールの際に「システム構成を調べています」のメッセージの後に、「BDEが実行されています」のエラーが表示され、インストールが終了します。対処の方法は?
Q 英語版 Windows OS にインストールして使用できますか。その場合、何か設定が必要ですか。
Q Windows7 64bit 版OS で問題なく使用できますか。インストール可能ですか。
Q Windows 10 / 8 / 8.1 でも使用できるでしょうか。
使用法について
Q パワーアップツールを起動しましたが 「共有違反、000 にアクセスできません」 のエラーが表示され、立ち上げることができません。
Q ヒント表示が鬱陶しいので、表示させないようにしたい。
Q 作成したユーザーズ辞書を別のもう1台のPCに移動したい。方法は?

Answer
インストールについて
Q 2台目のパソコンにもインストールしましたが、1台目のキーコードが有効でありません。どのようにしたらよいでしょう。
A キーコードはマシンごとに異なりますので、1台目と同様に再度キーコードのご請求をお願いいたします。2台目のマシンにインストールの際には、ご購入時のプロダクト番号をご使用下さい。新たな「シリアル番号」が表示されますので、それをお知らせいただければ、折り返し直ちに新たなキーコードを送付いたします。「シリアル番号」は、パソコンごとに異なりますので、2台目のパソコンで必ずご確認下さい。
Q インストールするコンピュータがインターネットに接続されていないのですが、キーコードを請求する際に、問題はありませんか。
A インターネットに接続されている必要はありません。ユーザ登録は、FAX でも承っております。インストール先フォルダのProgram Files\Kainate\V2PowerUp 内に、ユーザー登録内容を保存した「Registration.rtf」がありますので、このファイルをe-メールの添付文書としてお送り下さい。
また、「ユーザー登録用紙」の書式を使用せずに、ご氏名、ご所属、郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、e-mailアドレスに加えて、「プロダクト番号」および「シリアル番号」をご自由な形式でご記入の上、e-mail ないしFAXにてユーザー登録されても結構です。
Q ユーザー登録/キーコード請求 をE-mail で送付したのですが、キーコードが届きません。
A 何かのトラブルが生じた可能性がありますので、営業日1日過ぎてもキーコードが送付されない場合には、ご遠慮なく直ちに電話またe-mail にてご連絡下さい。速やかに対処させて頂きます。または、ユーザ登録書を 再度 e-mail  またはFAXにてご送付ください。
Q ハードディスクの故障、OSの入れ替え、他のコンピュータへの移し替え等の場合には、どのように再インストールすればよいのでしょうか?
A ご購入時のプロダクト番号をご使用になって、CD−ROMから再インストールください。その後、再インストールの理由を明記の上、e-メールまたはFAXにて、再度キー コード請求を行ってください。その際には、プロダクト番号と、新たな「シリアル番号」を必ずお知らせ下さい。別なPCに入れ替えたい場合には、OS附属の「Windows 転送ツール」や市販の「転送プログラム」を絶対にご使用にならないでください。正常に動作いたしません。必ずCD-ROM からインストールください。
Q error code が表示され、先にすすめません。どうすれば良いのでしょう。
A ファイルの欠落や損傷などのトラブル解決を速やかにするために、エラーの種類によって、異なるコード(error code= 1200 等)が表示されるようなっております。まずは「修復」を試みてください。方法はCD-ROMをDVD ドライブに入れて起動させ、インストールウイザードで「次へ」、「修復」を選択してください。「修復」後も error code が表示されて改善しない場合には、サポートセンターまでerror code 番号と、状況の詳細をお知らせ下さい。可及的速やかに対応致します。
Q Macマシンで VirtualPC やBootCamp を使用してインストールした場合, 何か問題はありませんか
A Mac マシンでも、エミュレーターを使用することにより、殆ど問題なく本パワーアップツールを起動・実行することができます。
Q Macマシンで Parallels Desktop5 を利用してWindows7 (Windows Vista、Windows XP) にインストールしましたが、メニューや日本語リストが文字化けしています。どうすればよいのでしょう。
A コントロールパネルで、[Unicode対応でないプログラムの現在の言語]の項目が「日本語(日本)」以外の設定になっている際に文字化けが生じます。下記のホームページに設定方法が掲載されています。
ソフトの文字化け修正方法(Parallels Desktop公式ページより)
https://www.runexy.co.jp/support/faq/faq_parallels_desktop5/detail/faq_0008540
Q CD-ROM からのインストールの際に「システム構成を調べています」のメッセージの後に、「BDEが実行されています」のエラーが表示され、インストールが終了します。対処の方法は?
A インストールしようとしているPCで、BDE(データベースエンジン)が実行されている為にエラーメッセージが表示されます。全てのアプリケーションを終了させてください。これまでに、バックグラウンドで eTVtimer.exe (Panasonic 製)が起動されていて、このエラーが表示されたことがあります。「スタートアップ」から、eTVtimer.exe のショートカットを一時的に削除してから、本パワーアップツールをインストールし、インストール終了後、また元に戻すという作業が必要な場合もあります。
Q 英語版 Windows OS にインストールして使用できますか。その場合、何か設定が必要ですか。
A 問題なくご使用できます。日本語環境にするためにコントロールパネルでの設定が必要です。まだ未設定の方はこちらをご覧下さい Windows XP  Windows Vista  Windows7
Q Windows7 64bit 版OS で問題なく使用できますか。インストール可能ですか。
A 本パワーアップツールのアプリケーションは 32bit で作成されておりますが、64 bit 版の Windows 7/8 で全く問題なく動作いたします。通常にインストールして全く問題ありません。
(64 bitの Windows 7 で 32 bit プログラムを実行する場合、そのプログラムは、32 bit版の Windows 7 をシミュレートするソフトウェアを使用して、32 bit エミュレーション モードで動作します。 これにより、32 bit プログラムが 64 bit オペレーティング システムでスムーズに動作できるようになります。)
Q Windows 10/ 8.1/ 8. でも使用できるでしょうか。
A デスクトップアプリ(キーボードとマウス用に構築された従来の環境で実行されるプログラム)として、Windows 10/ 8.1/ 8 で全く問題なく動作することを確認しております。
使用法について
Q パワーアップツールを起動しましたが 「共有違反、00000 にアクセスできません」 のエラーが表示され、立ち上げることができません。
もし弊社の「ライフサイエンス英語論文例文辞典」を起動してご使用の状態であれば、まずは例文辞典を終了させて下さい。20秒ほど経ちましてから、PowerUp を起動すれば問題無く立ち上がるはずです。その後、例文辞典を再起動ください。
このように、この2つのアプリケーションを同時に起動してご使用になる場合には、PCの環境設定によっては、下記の順序で起動しないと旨く行かないことが、ごく稀に生じます。
(1) PowerUp ツールを起動。
(2) ライフサイエンス英語論文例文辞典 を起動。
PowerUp起動時には例文辞典を起動していない場合、あるいは上記方法で解決できない場合には、弊社までご連絡下されたくお願いいたします。
Q ヒント表示が鬱陶しいので、表示させないようにしたい。
A 「メニュー|ヒント|ヒントの表示|で、「表示しない」を選択します。 ヒントの表示場所を変更し、ステータスバー(画面下)にのみ表示することもできます。あるいは 「メニュー|ヒント|ヒント表示時間 を変更して短くすることも可能です。
Q 作成したユーザーズファイルを別のもう1台のPCに移動したい。方法は?
A ユーザーズデータベースは、V2PowerUpプログラムが収納されているディレクトリーの下位ディレクトリーである「DataBase」ディレクトリーに、Data7.db および Data7.mb として保存されています。
Data7.db および Data7.mb をコピーして、V2PowerUpプログラムが収納されているディレクトリーの下位ディレクトリーである「Temp」ディレクトリーに貼り付けます。
「メニュー|ツール|UserDataBaseのCopy」を選択、クリックします。自動的に処理され、現在のデーターベースに追加されます。

Copyright (c) 2012 Kainate Inc. All rights reserved.