概要
「ライフサイエンス英語論文例文辞典」は、膨大な数の「英語例文」が収録されたものであり、英語学術論文や学会英文抄録、あるいは英文での症例報告を作成される方々等に非常に有用です。内容は、基礎医学から臨床医学まで、並びに医療工学・保健医療など極めて広範囲に渡っています (本例文辞典はいわゆる翻訳ソフトウェアではありません)。
多くの人々が「英語」を積極的・集中的に学んだ 時期は、大学受験を控えた高校時代だったのではないでしょうか。その時期が過ぎて研究論文を読んだり、いざ英文誌に投稿するような事態になると、もちろん 過去の基礎力がものを言うことは当然としても、今まで知りもしなかった種々の問題にぶち当り、困惑してしまうこともしばしばあることでしょう。 特に「同じ形容詞や副詞は勿論、専門用語ですら繰り返し使用することは極力避けたい」「コピペだけはしたくない」「もっとエレガントな英文にしたい」等となると、自分の研究内容を英語でどう表現したら良いのやら困り果てることもあるでしょう。
例えば、「classic」は「古典的な」と誰でも知っていますが、医学論文になると「典型的な」「標準的な」とするケースも多く見かけます(「classic symptoms」「classic features」など)。また、「病気・疾患・疾病」となれば「disease, disorder」が当然浮かんできますが、「condition, illness, sickness, ....」を使用した方がずっとエレガントになることも数多く経験します。こうした問題をコンピュータを駆使して一瞬にして表示・解決してくれるのが「ライフサイエンス英語論文例文辞典」なのです。
表音文字文化の英語は、いろいろの単語をどのように識別しながら文章を構成していくのでしょうか? また表意文字文化の中で育った私達が、もてる英語力を更にブラッシュアップさせ、かつ生きた英語を学ぶためにはどうすれば良いのでしょうか。こうした問題に容易に対処できるよう本例文辞典は、あらゆる角度から検討され、生きた英語論文を書き上げていく独創的ツールとして開発されたものです。

「ライフサイエンス英語論文例文辞典」は全てC++で記述されております。今でこそC++は標準的なプログラミング言語として繁用されておりますが、私どもがカイニン酸の論文を発表した当時は、パーソナルコンピューター(PC)等も無い時代でした。カイニン酸が有用なtoolであることが世界中に知れ渡り、必然的に海外の研究者との交流も増え、講演依頼や Review の執筆依頼等も増え始めました。そこで当時にはまだ存在もしていなかったのですが、今で言う「ワードプロセッサー(ワープロ)」のような、便利で有用な「道具」を作ってやろうと決心したのです。

PCの黎明期でもあった当時は、MS・DOSの時代で、高価なPCを購入してもまともなアプリケーションを創ることはほぼ不可能な時代でした。そこで学習に学習を重ね、規定の容量制限を遙かに超えるワープロを機械語(MS・DOSマクロアセンブラ)で作成することに成功したのです。このワープロを使って初めて書いた Review が、ヨーロッパの若手研究者の間では「神経筋接合部研究のバイブルだよ」と英国ケンブリッジ大学の友人から聞かされ、いたく感動したのはつい先程のような気がいたします。

こうしたことが契機となり、ケンブリッジ大学の若手研究者のグループから、真のプログラミング技術を生かした「辞書」の作成を勧められ、彼らの協力の下に創られ、発展してきたのが、「ライフサイエンス英語論文例文辞典」なのです。

この例文辞典は単なる「辞書」ではなく、PCの性能を縦横無尽に駆使し、いわば3次元的な検索・表示をする、極めて便利で有用な論文作成 tool なのです。多容量のデータベースより、単純簡単な操作で、英単熟語の同義語・類似語、類似表現を瞬時に多数検出し、それを理解しやすいように表示しております。

標準搭載データベースは固定的では無く、ユーザー自身によっても作成・追加が可能です。

「ライフサイエンス英語論文辞典」はVersionを上げる毎に、データベースの大幅増量・新機能の追加・実行速度のupを行ってきております(下図参照)。
本辞典はDVD-ROMで提供されます。 
「ライフサイエンス英語論文例文辞典」 は
  「日本語検索例文辞書」
  「英語検索例文辞書」
  「ユーザーズ和英例文辞書」
  「ユーザーズ英英例文辞書」
  「全例文検索辞書」
  「英和辞書」
の6種類の辞書から構成されています。
より強力に、より高速に、よりシンプルで使いやすくすることを念頭におきながら、英語論文作成に関するあらゆる作業を強力に支援することを目指して開発しました。
2001年 Version 1.0 を 発売後、11度のアップグレードを行い、研究分野の拡大・英語例文数の増加・エラーの駆除・実行スピードの飛躍的アップに努め、さらに快適な検索システムを新たに導入し、今回名称を「ライフサイエンス英語論文例文辞典 2016」と改めました(Versionは11)。 
「日本語検索ページ」には延べ 436,718 例文、「英語検索ページ」には延べ 880,532 例文、全収録英語例文数は 278,455 例文があります。
「ユーザーズ和英辞書」および「ユーザーズ英英辞書」は、ユーザー各自が自分の研究領域に合致した英語例文を集積できるように、また各自の好みに応じて辞書を編集できるように工夫されており、より有用で強力な辞書にカスタマイズすることができます。
また「英和辞書」は 約 10万9千6百 語 の英単熟語のなかから日本語訳と関連類似語が瞬時に表示されるもので、英語論文作成のみならず英語論文の和訳にもきわめて便利なように設計されております。
沿革
2001年03月15日  Version 1 発売
2001年11月05日  Version 2 発売
2004年08月15日  Version 3 発売
2005年12月25日  Version 4 発売
2007年12月05日  Version 5 発売 (Windows Vista にも対応)
2010年01月15日  Version 6 発売 (Windows 7 にも対応)
2011年01月15日  Version 7 発売 
2012年01月15日  Version 8 発売 
2013年01月15日  Version 9 発売 (Windows 8 にも対応)
2014年01月20日  Version 10 発売 (Windows 8.1 にも対応) 
2015年01月10日  Version 10.1 発売  
2016年06月20日  2016 (Ver11) 発売 (Windows 10 にも対応)  
日本語検索項目数 和英例文辞書延べ例文数 英語検索項目数 英英例文辞書延べ例文数 英和辞書検索項目数 総例文数
Ver1/Ver2 22,944 111,400 25,734 420,000 33,550 72,200
Ver3 35,000 128,600 41,000 474,400 87,500 109,500
Ver4 44,400 156,200 48,700 512,000 92,800 128,800
Ver5 51,800 187,478 57,281 703,271 97,965 155,102
Ver6 60,257 210,879 57,281 703,271 108,626 178,986
Ver7 68,050 245,718 61,040 717,630 115,684 197,545
Ver8 80,098 280,440 66,780 732,171 126,131 215,797
Ver9 91,481 317,839 71,613 749,909 135,812 235,261
Ver10/10.1 102,355 353,727 114,477 859,238 145,299 251,388
2016(Ver11) 120,296 436,718 130,420 880,532 109,673 278,455

Copyright (c) 2016 Kainate Inc. All rights reserved.